問い合わせボタン 30秒で簡単資料請求

ブロックチェーンシステムで


新たな可能性を

30秒で簡単資料請求

ブロックチェーンで
何ができるのか?

国際物流での活用例を見る

→
国際物流イメージ
国際物流における
ブロックチェーンの活用

・煩雑な手続きの簡略化
・文書手続き等のコスト削減
・運送状況や各種書類データ等の改ざん防止
・トレーサビリティの確保

導入前

・国際物流においては輸出元と輸出先両方の国や地域で、様々な法令に沿った煩雑な手続き が必要になる。
・例えば貿易貨物の約9割を担っている海運では、事務的な手続きにかかるコストが大きく、文書手続きのコストは、実際の輸送費用の2倍以上を占めるようになっていると言われる。

→

導入後

書類での手続きや管理をデジタル化し、物流に関わるすべての関係者が、貨物の位置や輸送状況、通関に必要な書類の準備状況、受領証などあらゆる文書データをブロックチェーン上で瞬時に共有・確認できるようにすることで、トレーサビリティの確保やデータの改ざんを防止可能。

不動産取引での活用例を見る

→
不動産取引イメージ
不動産取引における
ブロックチェーンの活用

・仲介業者の排除
・事務作業コストの削減
・リスクコントロール可能
・取引履歴データ等の改ざん防止

導入前

国際的な不動産取引では、ブローカー・取引の安全性を保証するエスクローサービス・土地の登記サービス・送金業者など 複数の仲介業者とやり取りをする必要がある。複数の仲介業者を介することは、取引の長期化や詐欺が発生するリスクが増大することに加え、大量の書類を作成・署名をする事務作業のコストも発生。

→

導入後

従来であればヒトが逐一実行せざるを得なかった不動産取引における付随業務を、ブロックチェーン基盤上で取引を行うことで、ヒトの手を介さなくてもよくなり、結果として取引コストを大幅に引き下げることが可能。また、 改ざんができないため詐欺が発生する リスクをコントロール可能。

自動車での活用例を見る

→
自動車イメージ
自動車における
ブロックチェーンの活用

・利用履歴等の改ざん防止
・正当な価格をもとに売買が可能に

導入前

中古車市場においては、走行距離や事故履歴等、自動車の利用履歴が改ざんされるリスクがあり、買い手側としてはリスクを 負うことになる。結果的に中古車の価格はリスクを織り込んだ 価格となる。

→

導入後

車載のブロックチェーン上に改ざん不可能な走行記録やメンテナンスの記録が残っていれば、買い手は見えないリスクを負うことはなくなり、その車が持つ正当な価値を元に売買可能。

そもそもブロックチェーン技術とは?

ブロックチェーンイメージ

ブロックチェーンとは「分散型台帳技術」を指します。
一箇所ではなく、分散型のコンピュータネットワークに取引の最初から最後までのすべての順序を記録するものです。


ブロックチェーンの仕組みは、まず取引処理が実行されるとその記録(トランザクション)が残ります。複数のトランザクションは一定の大きさである1つのブロック単位にまとめられ、その時点で存在する最後のブロックの後につなげて保存されます。これを繰り返すことで、トランザクションの集合であるブロックが前後につながり、チェーン(鎖)のように時系列でまとまります。


トランザクションがまとまったブロックチェーンのデータは、一箇所にまとまっているのではなく、同じデータが複数の分散型コンピュータネットワークすべてに保存されていきます。

ブロックチェーンの特徴

ブロックチェーンの誕生によって、これまで紙ベースで行っていた契約は、ブロックチェーンでの契約に置き換えることが可能になりました。


ほぼ永続的に維持可能なブロックチェーンの仕組みは、暗号資産を中心に、商品取引やインフラなど当初想定されていなかった幅広い分野へ導入が進んでいます。 急成長したブロックチェーンの技術は、企業の決済サービスの運用など将来さまざまなサービスに大きなメリットをもたらす可能性があります。

30秒で簡単資料請求

まずは資料を確認する

コインベストを選ぶ理由

強み①

ブロックチェーン技術に
強い関係会社

暗号資産関連のサービスを提供しているBITKAN、BITMAINとの提携により、
最新のブロックチェーン技術の情報の取得や、優秀なエンジニアとの共同開発が可能!

強み②

ブロックチェーン技術を
活かした自社開発

自社開発イメージ

暗号資産取引システム、ウォレットを自社開発・運用しております。
ブロックチェーン技術を活かし様々な事業を展開していきます。

プロジェクト開始までのステップ

プロジェクト開始までのステップの図

30秒で簡単資料請求

まずは資料を確認する
会社名 CoinBest株式会社
事業内容 ブロックチェーン関連事業
暗号資産交換業
設立年月 2017年8月
所在地 東京都中央区日本橋茅場町2-9-8
茅場町第2平和ビル4F
代表者 代表取締役社長
雒 東生( ラク トウセイ )
資本金 5億3,500万円
暗号資産交換業登録 関東財務局長 第00023号
加盟団体 一般社団法人日本暗号資産取引業協会
(JVCEA)第一種会員
一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会
(JCBA)正会員
一般社団法人日本ブロックチェーン協会
(JBA)正会員

事業内容

30秒で簡単資料請求